セラミック審美治療

Home > セラミック審美治療

セラミックによる審美治療で、白く美しい歯を

保険診療の虫歯治療では、レジン(歯科用プラスチック)や銀歯で作製した詰め物や被せ物が用いられます。これらの素材は「最低限の機能回復」という面では問題ありませんが、レジンは経年による変色・着色・黄ばみなどが起こる可能性があり、銀歯はそもそも目立つ上に、長期的な使用を考えると金属アレルギーのリスクもあります。

大和市下鶴間の歯医者「南林間ひまわり歯科」では、こうした保険診療で使う素材では満足できないという方に、高品質なセラミックを用いた審美歯科治療をご提案しています

セラミック素材をおすすめする理由

保険診療で用いられる歯科材料にはない優れた点が、セラミック素材にはあります。以下では、当院がおすすめする理由についてご説明します。

・自然で透明感のある白さが特長で、天然の歯と比べても違和感がありません・水分を吸収しないので、経年による変色や劣化がほとんどありません・銀歯やレジンにない耐久性で、長期の使用にも耐えられます・銀歯よりも汚れが付着しにくいので、虫歯や歯周病のリスクを抑えられます・メタルフリー素材なため、金属アレルギーのリスクがありません

南林間ひまわり歯科の取り扱い審美素材

当院の審美歯科では、セラミックを中心にさまざまなラインナップを取り扱っています。保険診療で扱う銀歯やレジンより高価ですが、長い目で見れば多くのメリットがあります。

e-max(オールセラミック)~高純度セラミックを削り出す~

二ケイ酸リチウムガラスを主成分としたオールセラミックの一種で、高純度のセラミックをコンピュータで削り出して詰め物や被せ物を作製します。歯との接合面に隙間ができにくく、虫歯の再発リスクが抑えられます。

ジルコニアセラミック
~仕上がりが美しく、金属のように強い~

人工ダイヤモンドと同原料のセラミックでできています。仕上がりが自然で美しく、金属のように強度が高い高品質素材です。

ハイブリッドセラミック ~咬み合う歯を傷つけにくい~

レジンとセラミックの混合素材で、粘りがあるので咬み合う歯を傷つけにくいのが特長です。白さではオールセラミックにやや劣るものの、十分に美しく、部位によっては保険が適用されます。

メタルボンド ~奥歯にも使える被せ物~

金属製のフレームにセラミックを焼き付けた被せ物で、強度に優れています。自然な白さはあるものの、透明感という点ではオールセラミックに比べてやや劣ります。

ゴールド ~金属でありながら人体にやさしい素材~

金属でありながら金属アレルギーを起こしにくく、虫歯の再発を抑えることができる人体にやさしい素材です。長期的に安心して使用できますが、白い歯列の中では目立ちやすいのが欠点です。

ファイバーコア ~しなやかに歯と美観を守る~

保険診療における被せ物の土台(コア)は金属ですが、ファイバーコアはこれをグラスファイバーで作製したものです。しなやかさがあるため歯根を傷めることがなく、被せ物の透明感も損ないません。

ラミネートベニア ~前歯に装着する"歯のつけ爪"~

つけ爪を装着するように、前歯の表面に薄いセラミック片を貼り付ける処置です。ホワイトニングでも白さを出せない場合などにおすすめします。

なるべく歯を削らない「ダイレクトボンディング」

一般に、損傷した歯の表面などを修復する際には詰め物や被せ物を装着しますが、この場合には大きく歯を削る必要があります。その点、歯科用樹脂(レジン)を直に盛り付けるダイレクトボンディングなら、歯を削る量を最小限にとどめて治療する事が可能。耐久性ではセラミックや金属に劣りますが歯科用樹脂(レジン)は白いため審美性が良好、症例によっては保険診療で行うことも可能です。

35.49778821066258,139.45218009999994

南林間ひまわり歯科

35.4981376,139.45218009999996