入れ歯治療

Home > 入れ歯治療

入れ歯のお悩み、もう我慢しないでください

毎日身体の一部のように使うものだからこそ、自分にぴったり合った入れ歯を──。「痛い」「咬みづらい」「しゃべりにくい」「すぐに外れる」といった不具合や使い勝手の悪さでお悩みの方は、一度信頼できる歯科医院へ相談しましょう。大和市下鶴間の歯医者「南林間ひまわり歯科」では皆さまのお悩みとしっかり向き合いながら、おひとりおひとりに最適な入れ歯治療をご提供しています

入れ歯が合わなくなる理由

「使っているうちに少しずつ入れ歯が合わなくなってきた」という経験をされた方もいらっしゃるかと思います。ぴったりの入れ歯が合わなくなってしまうのは、顎の骨やお口まわりの筋肉、歯ぐきなどの状態が少しずつ変化しているからです。お使いの入れ歯に違和感や不具合があったたら、我慢せずに当院へご相談ください。お口の状態をチェックし、入れ歯を調整し直すことで、再び快適に使えるようになります。

入れ歯を長持ちさせるお手入れのコツ

入れ歯を快適に使い続けるには、毎日のお手入れが大切です。以下の点に気をつけながら、こまめにお手入れしましょう。

Point1 歯みがきは専用の歯みがき粉で

市販の一般的な歯みがき粉には研磨剤が含まれており、このせいで入れ歯に小さな傷がついてしまいます。入れ歯専用の歯みがき粉でブラッシングするようにしましょう。

Point2 歯ブラシも入れ歯専用を

入れ歯はやわらかい素材でできているため、普通の歯ブラシでは圧力が強すぎて傷がつきやすくなります。傷は細菌の温床になってしまうので、歯ブラシも入れ歯専用のものをお選びください。

Point3 お手入れは毎日欠かさず

食後は水で洗い流し、夜寝る前にはより丁寧に洗って汚れを落とすようにしましょう。お手入れを怠ると入れ歯に汚れが付着し、口内炎などのトラブルを招きやすくなります。

Point4 就寝時は洗浄液に浸けて

入れ歯は乾燥に弱いので、長時間使用しない就寝時は専用の洗浄液に浸しておきましょう。入れ歯が乾燥すると、ゆがみや変形の原因になります。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯には保険適用のものと自費診療のものがあります。その違いをご説明します。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
 
メリット
  • 費用が安い
  • 製作期間が1か月程度と短い
  • 修理がしやすい
  • 使用できる素材や技術が自由に選べ、咬み心地や見た目を追求できる
  • 床部分が金属のものを選べば薄く軽い入れ歯がつくれ、食べ物の温度も感じやすくなる
デメリット
  • 使用できる素材や技術が限られる
  • 部分入れ歯は金属バネがあるものになり、目立ちやすい
  • 床部分が厚くなり、装着時に違和感が出やすい
  • 自費に比べて咬み心地が劣る
  • 耐久性が低い
  • 形状によって修理できないものがある
  • 製作期間が数か月程度かかる
  • 費用が高額になる

左右にスクロールして、内容を確認することができます。

総入れ歯(全顎の入れ歯)は当院へおまかせください

快適な咬み心地の再現は困難とされる総入れ歯ですが、南林間ひまわり歯科では入れ歯のスペシャリストが「リンガライズドオクルージョン」「ゴシックアーチ」を用いて全顎入れ歯でもより良い咬み心地を実現します。

35.49778821066258,139.45218009999994

南林間ひまわり歯科

35.4981376,139.45218009999996