インプラント治療

Home > インプラント治療

失った歯の「見た目」も「咬む力」もよみがえるインプラント治療

入れ歯治療やブリッジ治療など失った歯を補うための選択肢はいくつかありますが、その中でも近年選ばれる方が増えているのがインプラント治療です。大和市下鶴間の歯医者「南林間ひまわり歯科」では、十分に経験を積んだ歯科医師がインプラント治療を行っています。他院で治療を断られたという方も、一度ご相談ください。

自分の歯のような咬み心地を再現

インプラント治療は、顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミックなどでできた人工歯(歯冠)を被せることで歯の機能と見た目を補う補綴治療のひとつです。チタン製の人工歯根は顎の骨としっかり結合するので、硬いものでもしっかり咬めるようになります。もちろん、"合わない入れ歯"のような違和感もありません。歯冠にセラミックを用いれば、自然で美しい見た目も実現します。

インプラント・入れ歯・ブリッジの特徴比較

インプラント 入れ歯(保険適用) ブリッジ
メリット
  • 美しい仕上がりで天然歯と比べても違和感がない
  • 硬いものもしっかりと咬める
  • 金属アレルギーのリスクがほとんどない
  • 対応できる症例が多い
  • 治療時の身体的負担が少ない
  • 見た目が入れ歯よりも自然
  • 入れ歯よりもしっかり咬める
  • 保険が適用されるケースがある
  • 固定式なので違和感が少ない
デメリット
  • 自費診療のため費用が高額になる
  • 負担の大きな外科手術をともなう
  • 治療期間が長くなる
  • 対応できないケースがある
  • 見た目の美しさは追求できない
  • 咬んだ際に違和感が出やすい
  • バネを用いるタイプは固定する歯に負担をかける
  • 失った両端の歯(支えにする歯)を削る必要がある
  • 削った歯の寿命が短くなる
  • 対応できないケースがある
  • 食べものが詰まりやすくなる

左右にスクロールして、内容を確認することができます。

STEP 1 STEP 2 STEP 3 STEP 4 STEP 5
ドリリング 人工歯根
の埋め込み
治癒期間 アバットメント
の装着
歯冠の装着
歯ぐきを切開し、専用のドリルで顎の骨に人工歯根を埋め込む穴を開けます。 人工歯根を埋め込みます。症例によっては、このタイミングでアバットメントを装着する場合もあります。 人工歯根と顎の骨がしっかりと結合するのを待つ養生期間です。 人工歯根の上に歯冠を被せる土台=アバットメントを装着します。 アバットメントにセラミックの歯冠を装着したら治療完了です。

左右にスクロールして、内容を確認することができます。

抜歯即時埋入とは

治療期間が長くなることが多いインプラント治療ですが、患者さまの身体的負担を軽減するために治療期間を短縮できる方法があります。それが、「抜歯即時埋入」です。従来のインプラント治療では人工歯根の埋め込みは抜歯から一定の期間を置かなければなりませんでしたが、抜歯即時埋入では抜歯したすぐ後に顎の骨に穴を開け、人工歯根を埋め込みます。

切開をしないため歯ぐきへのダメージが少ない、すぐに仮歯を装着するため食事などに支障が出ないといったメリットがありますが、どのような症例にも適用できるというわけではありません。くわしくは当院へ直接ご相談ください。

35.49778821066258,139.45218009999994

南林間ひまわり歯科

35.4981376,139.45218009999996