小児歯科

Home > 小児歯科

お子さまの健やかな未来のために、小児歯科ができること

「子どもに将来虫歯で困ってほしくない」というのは、すべての親御さまに共通する想いでしょう。そういった想いに応えるべく、大和市下鶴間の歯医者「南林間ひまわり歯科」では小児歯科に力を入れ、お子さまの歯や口腔内環境のケアをトータルサポートしています。乳歯が虫歯になると永久歯も虫歯になりやすくなり、また歯ならびが乱れてしまう可能性も高くなります。お子さまがお口のトラブルと無縁でいられるかどうかは、子どもの頃のケア次第です。

デリケートな子どもの歯には専門の予防と治療が必要です

乳歯や生えたての永久歯が虫歯になりやすいのは、歯質が大人のそれよりも薄くてやわらかいためです。そこに、大人の歯とは異なる予防処置や治療が必要になる理由があります。当院の小児歯科では年齢や発達段階に応じたきめ細かな予防メニューをご用意し、こうしたデリケートな子どもの歯を専門的な観点からお守りしています。

小児歯科メニュー

お子さまの歯を虫歯から守るための予防処置や指導メニューをご紹介します。

歯みがき指導

虫歯予防の基本は歯みがき。子どもの頃から正しいみがき方を身につけることが大切です。当院ではお子さまのお口に適したみがき方をきめ細かく指導し、お母さまやお父さまには仕上げみがきのコツをアドバイスさせていただきます。


フッ素塗布

歯の表面から失われたミネラル分を再び吸収する再石灰化の作用をうながし、歯質を強くするフッ素を塗布します。虫歯予防に効果的なのはもちろん、初期の虫歯であればフッ素塗布だけで治すことも期待できます。


シーラント

虫歯になりやすいお子さまには、奥歯の咬み合わせ面にある溝をレジン(歯科用プラスチック)でふさぐシーラントという処置を行います。こうすることで奥歯の溝に汚れが残りにくくなるほか、歯みがきも容易になります。

お子さまを歯医者さん嫌いにさせないために

「こわいからいやだ」「痛いから行きたくない」と思われたら、嫌がる子どもを歯医者に連れて行くのは困難です。子どもがなかなか言うことを聞いてくれなくて──とお困りの親御さまは多いと思いますが、そんな親御さまに、お子さまを歯医者嫌いにさせないために知っておいていただきたいことがあります。

「歯医者に連れていくよ」はダメ

お子さまを叱るとき、「歯医者に連れていくよ!」といった脅し文句を使っていませんか?そうした習慣が知らず知らずのうちに子どもを歯医者嫌いにしてしまいます。

ウソはつかないで

「痛くないから」とか「診てもらうだけだから」と、お子さまにウソをついて連れてきてはいけません。いざ治療するとなったとき、歯医者に対するお子さまの印象が悪くなります。

ご機嫌なタイミングで

子どもは気分にムラがあります。できるだけご機嫌なときを選んで連れてくるようにしてください。おやつの時間やお昼寝の時間は避けたほうが良いでしょう。

「痛くない」「こわくない」はNO

励まそうとして、否定的な言葉をお子さまに浴びせてはいませんか?良かれと思って口にした「痛くないよ!」「こわくないよ!」が逆に歯医者のイメージを悪くしてしまいます。

まず、親御さまがリラックスを

お母さまやお父さまが緊張してしまうと、勘の鋭いお子さまはすぐにそれを感じ取って自分も緊張してしまいます。まずは親御さまがリラックスを。

たくさんほめてあげる

たとえ治療中に泣いたり、がまんできなかったりしても、叱らずに「よく頑張ったね」「えらいね」とたくさんほめてあげましょう。それが次回からの自信につながります。

当院ではキッズスペースをご用意しています

目が離せない小さな子どもがいるからなかなか通院できなくて――という親御さまにも安心してご来院いただけるよう、当院では院内にキッズスペースをご用意しています。治療中も安全で清潔な環境で大切なお子さまを遊ばせておけますので、治療に専念していただけます。親御さまの治療中は、私たちスタッフにおまかせください。

35.49778821066258,139.45218009999994

南林間ひまわり歯科

35.4981376,139.45218009999996