予防歯科

Home > 予防歯科

大切な歯を守るためには治療よりもまず「予防」です

歯科医療が目覚ましい発達を遂げている今日においても、一度削った歯や取り除いた神経を元通りにすることはできません。もちろん遠い将来にそれが夢ではなくなる可能性もありますが、少なくとも現代人の私たちが大切な歯を守るためにできる最善の策は、治療ではなく「予防」です。大和市下鶴間の歯医者「南林間ひまわり歯科」の予防歯科ではこうした考えにもとづき、虫歯や歯周病を未然に防ぐための処置やアドバイスなどをご提供しています

虫歯や歯周病は予防できます

虫歯と歯周病に共通するのは、自覚症状がないままどんどん進行してしまうこと、そして予防ができることです。どちらも細菌が招くお口の感染症であり、原因や発症のメカニズムが解明されているため、しっかりと予防できればトラブルや痛い治療と無縁の生活を送ることができます。

失ってはじめてわかる歯の大切さ

歯を失ってしまうつらさを想像してみてください。上手に咀嚼できなくなると、好きなものを食べられなくなる可能性があります。空気の漏れ方をコントロールできないと正しい発音が困難になり、滑舌が悪くなってしまうかもしれません。歯を失ったことで歯ならびが乱れると、見た目が悪くなったり虫歯・歯周病を招くリスクが高くなったりします。咬み合わせが悪くなることで、力を思うように入れられなくなることもあるでしょう。こうした不都合が重なると、ストレスとなって精神的にも大きなダメージを受けてしまいます。

そうならないよう、予防歯科でしっかりケアをしておく必要があるのです。

歯の主な役割

当院の予防処置メニュー

定期検診

歯や口腔内のわずかな変化は、自分ではなかなか気づきにくいもの。虫歯や歯周病のリスクはやはり定期検診で専門家にチェックしてもらうのが一番です。


歯垢の染め出し

歯の表面に専用の染め出し液を塗って、歯垢の量や分布を調べます。染め出しをすることでみがき残しが多い部分を明らかにし、歯みがきの指導へつなげます。


PMTC

歯科衛生士による歯のクリーニングです。専用の器具で歯の表面に付着した汚れを徹底的に除去します。


咬み合わせ検査

顎の不具合や顔の表情への影響にとどまらず、咬み合わせの乱れは骨格のゆがみや肩こり、頭痛などを引き起こすことがあります。定期的な検査の上、必要に応じて適切な処置を行います。


生活習慣指導

甘いものを取り過ぎていないか、食事の乱れがあるかどうか、歯みがきはしっかりと行えているかなど、日頃の生活習慣についてうかがいながら、問題点があれば歯科医師が生活改善を指導します。


フッ素塗布

歯の再石灰化を促し、歯質を丈夫にするフッ素を歯の表面に塗布します。フッ素配合のうがい薬を併用することで、虫歯予防の効果をさらに高めることもできます。


高圧の水流で汚れをきれいに洗浄~ジェットクリーニング~

大和市下鶴間の「南林間ひまわり歯科」では、歯垢や着色汚れ、タバコのヤニなどで汚れた歯の表面を特殊なパウダーを混ぜた高圧水流で除去する「ジェットクリーニング」を行っています。一般的なクリーニングでは落としにくかった歯周ポケットや歯の溝まできれいに洗浄できるので、高い予防効果が期待できます。

35.49778821066258,139.45218009999994

南林間ひまわり歯科

35.4981376,139.45218009999996