根管治療

Home > 根管治療

歯の奥に達した重度の虫歯には、根管治療で対応します

虫歯の治療では歯質を削って病変を取り除きますが、虫歯が神経や血管がある歯髄(しずい)までおよんでしまった場合は、歯根の内部を治療する必要があります。この汚染された神経や血管を取り除いて歯根内をきれいにする処置を根管治療と言います。大和市下鶴間の歯医者「南林間ひまわり歯科」では、正確な診断と精密な根管治療によって重度の虫歯でも歯を残せるように努めています。

歯を抜かずに治す根管治療

歯かつては、「重度の虫歯になったら歯を抜く」という考え方が主流でした。しかし、今日では歯を失うことのリスクに目が向けられ、また根管治療という歯科技術が確立されたこともあり、虫歯に侵された神経や血管を的確に除去することで大切な歯をそのまま残せるようになっています。

根管治療の流れ
STEP 1 STEP 2 STEP 3
虫歯に侵食された神経や血管を除去します。 専用の器具を使って根管の深さを正確に測ります。 根管内の汚れや虫歯菌に侵された歯質を除去します。
STEP 4 STEP 5 STEP 6
きれいになった根管内に薬剤を注入し、密封します。 密封した蓋の上に土台をつくります。 被せ物を装着して治療完了です。

左右にスクロールして、内容を確認することができます。

継続こそが完治への道~治療は途中でやめないでください~

歯科医療技術が向上したとはいえ、根管治療には多くの手順と時間がかかります。そのため患者さまには何度も来院していただく必要がありますが、中には痛みがなくなった段階で安心し、通院を中断してしまう方がいらっしゃいます。また、仮歯を装着した段階でふつうに咬めるようになったと勘違いし、治療そのものをやめてしまうケースもあります。

こういった形で治療をやめると完治に至らないばかりか、虫歯の再発につながったり、ひどい場合には症状がさらに悪化したりすることも。そうなると、せっかく残した歯を失うことにもなりかねません。再治療には時間も治療費もかかり、心身への負担も大きくなります。根管治療はやり遂げなければ意味がありませんので、最後まで根気よく続けましょう。

最新の医療技術を用いた精密な治療のご提供を

当院では根管治療などの高度な手術において、医療用のマイクロスコープを活用しています。マイクロスコープは患部を十数倍に拡大して視認することができる拡大鏡のこと。歯科医師の経験や勘、手先の感覚だけに頼らない「確かな治療」を実現できます。また、南林間ひまわり歯科では根管治療中に血液や唾液の飛散を抑えて根管内感染を予防するためのラバーダム(専用のゴムシート)を使用。患者さまの負担やさまざまなリスクに配慮しながら、精密な治療を行っています。

35.49778821066258,139.45218009999994

南林間ひまわり歯科

35.4981376,139.45218009999996