矯正治療・歯ならび

Home > 矯正治療・歯ならび

きれいで正しい歯ならびが健康の基本です

歯ならびの乱れは見た目だけでなく、健康面にも影響する見過ごせない問題です。しっかり咬めないと、食事がおいしく感じられなかったり、胃腸に負担がかかったり、栄養を効率的に摂取できなかったりします。さらに、歯ならびが乱れていると歯みがきがしにくいので、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。

そうした歯ならびの乱れを改善するのが、歯列矯正(矯正治療)です。大和市下鶴間の歯医者「南林間ひまわり歯科」では、患者さまおひとりおひとりの歯列やお口の状態に合わせた矯正治療をご提供しています。

歯ならびを整えることで得られるメリット

冒頭でもお話をしましたが、歯ならびを整えることによるメリットは見た目の改善だけではありません。こちらでは、歯ならびを整えることで得られるおもなメリットをご紹介します。

虫歯や歯周病になりにくくなる

歯みがきで汚れをしっかり落とすことは、虫歯予防・歯周病予防の基本です。歯ならびを整えることで歯ブラシが歯全体に行き届くようになり、みがき残しが減ることで虫歯や歯周病にかかりにくくなります。

しっかりと咬めるようになる

咬み合わせが是正されてしっかりと咬めるようになると、食事のストレスが減り、食べ物がおいしく感じられるようになり、胃腸の負担も軽減されます。また、歯にかかる荷重が均等になるので歯の寿命を延ばせるといったメリットもあります。


顎関節症の予防にもつながる

咬み合わせに不具合があると、顎の骨や関節に過度な負担がかかり、顎関節症の原因となることもあります。歯ならび・咬み合わせを改善することは、「現代病」とも呼ばれる顎関節症の予防につながります。

肩こりや頭痛が軽減する

歯ならびや咬み合わせの乱れは顎や顔つきを歪ませてしまうだけでなく、姿勢などにも影響し、ひどい肩こりや頭痛を招くケースがあります。矯正治療で乱れを整えたことで、全身トラブルを解消できたという方もいらっしゃいます。


子どもの矯正、大人の矯正

成長過程にある子どもと成長が終わっている大人では、矯正治療の方法も得られるメリットも異なります。こちらでは、その違いについて説明していきます。

子どもの矯正(小児矯正)

一般に、成長過程にある歯や顎の骨には柔軟性があるので、子どもの頃に矯正することは効果的だと言われています。歯が生えそろうスペースを確保するために顎を広げる治療もしやすく、乳歯から永久歯へ生え替わる経過を観察しながら矯正できるので、良い治療結果が期待できます。

大人の矯正(成人矯正)

基本的に矯正治療は年齢を問わないため、成人になってからでも良い結果は期待できます。むしろ成長過程にある子どもと違い、顎の骨や歯ならびが完成・安定しているので、治療計画を立てやすく、患者さま自身に行っていただくセルフケアの精度も高まるのでトラブルが起こりにくいというメリットもあります。

乳歯からの生え変わりの期間には取り外しのできる装置を提案しています

タイミングよく生え変わりに時期に治療を開始できた場合には床矯正(しょうきょうせい)を提案しています。成長の力を利用して歯の生えるスペースを広げ、抜かなければならないようなケースも減らせること、下顎が上顎より前に出た「受け口」の症状も改善できる可能性があります。また床矯正は取り外せること、費用が比較的安価なことも特徴です。床矯正を含め矯正治療はすべてタイミングが重要です。今すぐ治療を開始しない場合もお早めに医師に相談するのが良いでしょう。

なるべく抜かない矯正治療をお望みですか?

「矯正治療を受けたいけど、健康な歯は抜きたくない」という患者さまには、なるべく抜かないで美しく健全な歯ならびを目指す矯正治療をご提案しています。ただし、診察の結果や歯の状態によっては抜くのが適切なケースもあります。治療を開始する前に納得できるまでよく相談をしましょう。当院では、無料矯正相談を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

35.49778821066258,139.45218009999994

南林間ひまわり歯科

35.4981376,139.45218009999996